明けない夜明けを待つあいだ

2010.8 読んだ本のめも。

「ひと目でわかる 幸せ子育てのアイデア」 喜多村 素子
バーゲン本だったのをポイントで購入。イラストエッセイ。こどもと過ごす楽しい時間を紹介。ここで紹介されているようなことが出来るようになるのはきっとまだまだ先だけれど、それも楽しみ。
「おかあさんと旅をしよー。」 k.m.p.(なかがわ みどり/ムラマツ エリコ)
再読。イラストエッセイ。娘たちとそれぞれのおかあさん4人のイタリア旅行記。いいなあ。
「ものにまつわる日々のこと - 自分サイズのここちよい暮らし」 平澤 まりこ
古本屋で購入。イラストエッセイ。ほっこり、ふんわり。やっぱりこういうマメさに憧れは、する。
「光ってみえるもの、あれは」 川上 弘美
古本屋で購入した積読本。川上さんの本はあたし的にはアタリ・ハズレがでかいのだけれど、これ、とても好きだった。出産前日の検診のときに読み始めて、入院中に読み終えました。
「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」 万城目 学
これまた出産直前にポイントが余っていたので注文した本。かのこちゃんが良過ぎです。こういうコに育てたーい!入院中、きゅぶに持ってきてもらって読み終えました。
「あのときわたしが着ていた服」 アイリーン・ベッカーマン
再読。シンプルなイラストと簡潔な文章。久々に眺めたけれど、やっぱり素敵。
「母になった女性のための産後のボディケア&エクササイズ」 吉岡 マコ
古本屋で購入した積読本。妊娠中から産後までの、骨や筋肉を意識しながらのボディケア。実用的かどうかは別として、ざっくりとした語り口調が面白かったです。
「砂の子ども」 ターハル・ベン=ジェルーン
装丁に惹かれ古本屋で購入したまま積読だった本。・・・いやー、物語に入り込むまでしんどかった。エキゾチックな雰囲気は素敵です。姉妹編「聖なる夜」を読んで完結、らしいし、そちらの方が読みやすそうだけど、うーん、いつかまた、かな(笑)。
「産後美人ダイエット - 5人子持ちのママが教える」 溝口 ロサ
期限のせまったポイントで購入したバーゲン本。ちょっとした時間、何気ないタイミングで出来る簡単エクササイズをイラストで紹介。わかりやすい!ただ、覚えて実践が苦手なあたしに問題がありますが。
「迷える子育て - 高野優の育児カルテ」 高野 優
「高野優の育児ハピネス百科」 高野 優
「高野優の育児ガチンコ宣言!」 高野 優
古本屋でまとめて購入。以前読んだ「無敵な母子手帳」が面白かったので。エッセイとマンガと、「迷える~」は質問コーナーと。家事育児の合間に気軽に読めるのが良いです。周りからの悪意のないプレッシャー、いちいち気にする必要はないってわかっていても、気が重くなるときもある。って思うのはあたしだけじゃないんだ!と、ちょっと気持ちを楽にしてくれます。
「トゥルー・ストーリーズ」 ポール・オースター
新刊で並んでいたときに買って積んでいた本。2007年12月・・・って、3年近くも前じゃん!ま、数年積読になってるの、ざらですけどね・・・。退院後からちまちまと読んでいたエッセイ集。好き!で、つい「ナショナル・ストーリー・プロジェクト」の文庫2冊を注文。で、一緒に2冊注文。1冊読み終えて4冊増やす・・・。こうして積読本が増えてゆくのです。嗚呼。
「ηなのに夢のよう - DREAMILY IN SPITE OF η」 森 博嗣
きゅぶが買っているシリーズ。最早ミステリだか何なんだか・・・。Gシリーズ、ストレスたまるなー、と思いつつ惰性で読んでいる気が。最後まで行けばクリアになると信じたい。


というわけで8月。さすがにこれまでのペースでは読めないけれど、思ったよりは読めるかも。でもまあ、小難しいのは今は無理。寝不足の頭に入って来ません。コプーさんの「ニャアア!!」で中断されるしね(笑)。というわけでイラストエッセイとかばっかりな気もする。妊娠中、散々「集中力がない」と言っていたけれど、いやいや、今に比べればあったよ、あった。

さて、2ヶ月目はどうかなー。
[PR]



# by sora_050 | 2010-09-01 21:29 | 読書紀行

相変わらずの日々。

そらです。この1週間のことをメモ。

20日(金)、おかんがお昼から。授乳中、見慣れない連絡あり、慌てて出る。保健所から自宅訪問についての連絡でした。今とくに心配なことがないなら、1ヶ月検診のあと4ヶ月検診まで何もないのでその間の訪問の方がいいかも?とのことだったので、9月後半に来てもらうことに。
21日(土)、22日(日)はきゅぶとコプーさんと3人。見てもらっておいて出たらギャン泣き・・・(笑)。
で、今週23日(月)から、おかんが昼もしくは夕方から毎日来てくれる。一昨日25日(水)から26日(木)にかけては泊まり。その25日はグズりデー。朝から何しても気に入らないらしく、目が覚めては予兆なしにMAX音量で大騒ぎのコプーさん。ずっと抱っこで夜にはへろへろのあたし。

プレママRから母乳にいいというお茶が届いたり、もうすぐで2歳の女の子のママ・友人Mに相談にのってもらったり、6月に出産した友人くぼから連絡が来たり。お祝いを下さった方に連絡をしたり。などなど。
あとは。何冊か軽い本を読み、録画した「レイチェルの結婚」(結構好き)、「お買いもの中毒な私」(原作の方が好きだけど、ヒュー・ダンシーが好みだった!)、「デュプリシティ」(まあまあ)、「アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~」(韓国の俳優さん、格好いい気がしてきました)を観、入院中に届いていた「東のエデン 劇場版II Paradise Lost」を観る。

しかしまあ、コプーさん、この1週間でみるみる大きくなってきた気が。全般的にぽちゃぽちゃしてきたし声の大きさがもうだいぶ違う感じ。
そしてなんだかビリケンさんに似てきた気がします・・・。
ありがたい感じがするっちゃするけど、どんなもんでしょ?
[PR]



# by sora_050 | 2010-08-27 20:30 | 今日のできごと

久しぶりのおでかけ、

って、近所のコンビニに行ってきただけですが。

小腹が空いたときに満たすためのパンなどなどが切れたので(授乳してるとやたら喉が渇くし腹が減るのはあたしだけ?)、これはいい機会!と思い、授乳が終わったタイミングできゅぶにコプーさんを任せてコンビニへ。ただコンビニに行こう!と思っただけなのに、こんなにわくわくするとは思わなかった(笑)。必要なものは頼めば買ってきてもらえるのだけれど、商品見ながらその場で選んで買う楽しみがないもんね。

すっごい久しぶりの外出!娑婆の空気だわ~!

で、レジで精算中、携帯がふるえる。きゅぶから。お、これは・・・!と思い、出ると
「ギャー!!!」
コプーさんの声と、今どこ!早くぅぅぅ・・・というきゅぶ。やっぱまだ、難しかったか(笑)。
家に帰ってみると、あれ?静か。おむつを替えてみたりあやしてみたり、いろいろ努力はしたようですが、ギャン泣きは止まず、最終的に泣き疲れて大人しくなった、とのこと。

こりゃあ、美容院とか、いつ行けるんでしょうねぇ。
[PR]



# by sora_050 | 2010-08-21 19:12 | 今日のできごと

退院後の1週間。

そらです。退院して1週間ちょっとが過ぎました。
おうちに帰ってきてからの日々のことを・・・というほど目新しいことは何も起きてませんが(家にいるだけだし)、簡単にメモ。

退院翌日の11日(水)はきゅぶが休み、12日(木)、13日(金)はおかんが通って来てくれる。14日(土)はコプーさんの最強の叔父さんを目指す弟が来て、晩御飯を作り、マッサージをしてくれました。
16日(月)、初のコプーさんと2人きりの日中。なので各種セッティングも初の試みだったわけです。で、沐浴させるとこんなときに限っておふろの中でウ●チをされる(笑)。産院の母親学級で仲良くなったMちゃんが出産!生まれたばかりなのにくっきり二重のイケメンだ。
17日(火)はお昼前におかんが。コプーさん、これまであんまりグズったりがなくて、なんて手がかからない!と思っていたのだけれど、昼間から夕方にかけて、これまでの分をまとめて出してきたかのようなグズりっぷりを見せる。で、出すモノ出したらスッキリ~、みたいな顔して寝てました。・・・面白い。
昨日18日(水)の日中は2人きり。高校時代の友人プレママRからメールが来てたので、コプーさんが寝ている間に長電話。「そらのは楽勝パターン過ぎて参考にならん」と言われる。夕方から今日にかけて、おかんが泊まりで来る。

・・・てな感じ。
で、あちこちから続々届く書類関係を記入したりとか、必要なくなった資料やら何やらを処分したりとか。家での生活を始めてみて必要を感じたコプーさん用の棚を購入して組み立てたり、洗い替えが足りん!と思ってネットでシーツやら何やらを注文したり。授乳・沐浴に便利なようにモノの置場をマイナーチェンジしてみたりとか、出産前に最後にメイクしたまま放ったらかしになっていたドレッサーまわりを整理したりとか、どうせ外にはでないので授乳しやすさを基準に服を入れ替えたりとか。
あとは、この間に録画していた「結婚の条件(内容とタイトル違くない?)」「マン・オン・ワイヤー(美しい。とにかく良かった)」「ペリカン文書(懐かしい。ジュリア・ロバーツがかわいい)」「ネバーセイ・ネバーアゲイン(完全に蛇足。なんで作っちゃったかなあ)」、あと入院中にやっていた龍馬伝を観、本を2冊ほど読む。もちろん途中で中断したりしながらだけど。

うーん、思ったより余裕ある、なぁ・・・(笑)。や、夜中に授乳のために何度か起きるし、子宮収縮の痛みだったりおっぱいの張りの痛みがあったりはするのだけれどさ、想定内っていうかなんていうか・・・。今って結局ほとんどコプーさんは寝てるわけで、お世話の時間ってトータルしてもきっと大したことないよね。確かに睡眠時間は細切れで、唐突に眠くなるっちゃ眠くなったりするのだけれど、仕事してるわけじゃないから一緒にお昼寝出来ちゃうし。晩御飯のこと考えないでいいってのはあまり料理が好きじゃないあたしにとってはかなり大きいけれど、やれと言われれば出来る気がする(間違いなく品数は減るけど)。そのほかの家事は普通にしているわけだし。あ、でも買物困るか。
フルタイムで働きつつ家事をやることの方が大変な気がします。ま、もう何か月かして、動くようになったら目が離せなくなって本当に大変なのかもしれないけどねー。

そういえば、産院でもらったリーフレット・パンフレット類の中に育児日誌があったので、おっぱいのタイミング、コプーさんの排泄のタイミングをメモってます。すでにそれなりのリズムがあることがわかって面白いし、予測がつけやすいので気が楽。

面白いといえばコプーさん、いろいろな表情をするのでかなり見ていて面白い。くしゃみをした後にいつも出し切れず「くしゅん!くしゅん!アーイ!!!」って声がもれっちゃったりするのも面白い。おっぱいいらなくなった瞬間の、唇をぷっと突き出した不細工顔もあたし的にはかなりイイです。007のように片頬だけで笑みを浮かべているときもある。排泄中はかなり切ない顔。にっこりしているのも可愛いけれど、やっぱちょっと味な顔をしてくれた方が得した気分に(笑)。

そんなわけで思いのほか、ストレス溜めずに楽しく過ごしております。
一緒に外に出られるようになったら、きっともっと楽しいよね。
涼しくなる頃が楽しみです。
[PR]



# by sora_050 | 2010-08-19 22:25 | 今日のできごと

出産前後のあれこれ③。

そらです。さらに昨日のつづき。

7日(土)、回診後、退院指導。昼過ぎ、きゅぶと弟が。あの口数の多い弟が、コプーさんを抱いて固まりつつガン見。夜、授乳の後、共有スペースで新米ママたちとメアド交換しつつ喋ってたら「消灯時間過ぎてるので!」と叱られる。張りは多少マシに。それにしても乳頭が切れて痛い。とても痛い・・・。しかしまあ、これはコプーさんとの共同作業でお互い大変なのだなあと思う。いやむしろ、コプーさんは嫌がらずにわりと上手に飲んでくれてるので、助けられてる???
8日(日)、朝食のあとの授乳後、沐浴指導。お湯につけてほわっとしたのは一瞬で、その後コプーさん、大暴れ。おむつかぶれを早くもしていて、どうもそれが染みたらしいのねー。そのあと、経過の診察。昼過ぎ、きゅぶと弟が来る。母乳が出るようになってきたので、夕方の授乳後から自律授乳へ。というわけで翌朝までコプーさんと同室。良く寝るコなんですが、やっぱり夜中は、大暴れ(笑)。
9日(月)、お昼過ぎ、C嬢再び。夕方おかんが。夕方から夜にかけてはコプーさんと同室で過ごす。ただ飲む量が足りてないらしく体重が微妙に落ちてるということで夜中の授乳でミルクを足し、朝まで預ける。
10日(火)、診察を受け、退院前に書類関係のことを確認しに外来受付へ。出産前日、一緒に呑気にランチしたMちゃんがちょうど検診に来ていて喋る。「早く出ておいで~」と声をかける。昼過ぎ、きゅぶとおかんが来る。会計して無事、退院。タクシーに乗って帰って来ました。

入院中は、思いのほか忙しく、けれど結構快適でした。スタッフの皆さんは厳しく優しく、ママ同士は入れ替わりがあるものの、授乳のときにある程度余裕が出てきた退院間近の人が新しく加わった人に話しかけたり、というのが上手く回っていて、和気あいあいとして雰囲気も良かった。そう、母乳への道は思いのほか険しく大変だったけど、励ましあったりしながらの授乳タイム、楽しかった!結構家が近い人もいたりして、今後も楽しみ。

で、あとはもう、入院中の洗濯モノを洗ったり片付けたり、必要なものを出したり、おむつ、おっぱいでバタバタ。夜はこれからを覚悟させるためか、洗礼を受ける(おむつ換えのとき、コプーさんににウ○チを胸から腿にかけてひっかけられたのです)。で、予定外に慌てて沐浴させ、自分もシャワー。夜中は夜中で泣く→おむつ→おっぱい→寝る→置くと泣く→・・・みたいな無限ループで大暴れ。そんな感じ。
ただ、コプーさん、案外まとめて寝てくれるので、そういう意味では覚悟していたよりいろいろ出来るかも。とはいえまだ手探りなので、眠いは眠い。今後どこに何を置くと便利、っていうのが少しずつわかってきて、もう少し体制が整い、自分も手順に慣れてくるとともっと楽になるはず。というか、楽になると信じたい。
というか・・・、退院の翌日の11日(水)はきゅぶが休んでくれたし、今のところおかんが通ってきて食事の準備をしてくれているので、かーなり助かってます。今はまだ、ごはんのこととか考えてる余裕ないっすよ・・・。

余裕と言えば、産後リフォーム、まだ、とてもそんなことを気にしている余裕はございません・・・。やー、本当、妊娠線予防は別に時間には追われてなかったし体調も良かったのでマッサージしたりが出来たけれど、今とても、マッサージする余裕など・・・。寝不足で頭痛いし、首肩は凝りまくりだし、胸は張って痛いし、まだ子宮収縮の痛みもあるし、腰もなんだかおかしいし、痛くないのは手足の先だけっていう状態ですよ。ねぇ?

あ、そういえば一昨日の夜中、コプーさんのへその緒がとれました。
ま、いろいろこれからです。これから。
[PR]



# by sora_050 | 2010-08-14 00:41 | 今日のできごと

出産前後のあれこれ②。

そらです。昨日の続き。

顔をくしゃくしゃにして、大きな声とともに生まれてきたコプーさん。18時34分に満足気な皆さま。くったりするあたし。コプーは連れて行かれ、あたしの方は切開(帝王切開とは違う方ね)の縫合などの後処理を。むしろ、こっちの方が足がつりそうで辛かったかも・・・。そう、切開、出産関連のエッセイとか読んでると「絶対イヤ!」みたいなのが多いけれど、あたしはむしろ、それでちょっとでも早く生まれるんだったら切っちゃって!!!って感じでした(笑)。
洗われたコプーが戻ってきて、腕に乗せられる。「臍帯血、採取出来ました」と言われる。そのまま2時間、ここで休むことに。一度外に出てたきゅぶとおかんが入ってくる。コプーを見て2人とも、かわいい!かわいい!を連発しながら写真を撮りまくる。・・・あたしからは頭頂部しか見えてないんですけど?

20時、おかんが帰る。20時半、助産師さんに追い出されるようにきゅぶが。コプーさんは新生児室へ。あたしは処置をして個室に移動。足がガクガク。晩御飯を持ってきてもらう。お昼に適当にトーストを食べたきりだったので、もりもり食う(笑)。最初のトイレはナースコールして下さいと言われてたのでナースコール。自覚症状は全くないのだけれど、立ち上がるとくらくら。縫合のときに押さえつけられていた左足の関節が痛くてガクガクする。傷は痛いし、もう、ボロボロ。
「ホルモンバランスが大きく変化してるので今日はたぶん寝られないと思うけど、ゆっくり休んで」
と言われる。確かに全く眠くない。むしろ意識は元気。というわけで、妊娠を知っていた人々にとりあえず報告~、とメールしまくる。
夜中、飲み物を買いがてらトイレへ行くと、共有スペースで泣いてる人が。気になったので「こんばんわー。話相手がいたほうがいいですか?お一人のほうがいいですか?」とおせっかいにも声をかける。少し相手してもらってもいいですか?と言われたので、そのまま1時間ほど楽しく喋る。・・・余裕あるな、あたし。というか興奮状態なだけだけれど。部屋に戻ってきゅぶと電話。持ってきた本を読む。うっかり、これまでの癖でおなかに話しかけそうになる。コプーさんが出てきたと頭では理解しているのだけれど、そして身体もガタガタなのだけれど、まだイマイチ実感がわかず。実感がわかないというか、なんか信じられないというか。昨日のあたしと今日のあたし、何も違わないですけど?みたいな・・・。明け方、ようやくうとうと。

5日(木)、朝食を食べ、7月31日に出産して入院しているはずの母親学級で知り合ったYさんにメール。朝の授乳のときに助産師さんに聞いた~、と速攻でメール来る。お昼を食べたあとから授乳指導開始。とはいえ始めは全然出ないのでくわえさせてみる、くらいだけど。マッサージ法のビデオを見る。昼、きゅぶが来る。夕方、おかんと、図書館でのお仕事仲間だったW嬢とC嬢が。夜、シャワーがOKになるけれど、時間があまりないし、まだ不安だったのでやめておく。いいだけ汗かいてドロドロなんだけれど、気力が・・・。きゅぶに持ってきてもらった、汗ふき用のシートで身体を拭ってちょっとスッキリ。・・・頭がくさいのは取りあえず仕方ないと思うことにして。
何度か授乳して、じわじわと実感が。こんなに頼りない可愛らしいふやふやな人が、昨日までおなかの中にいたとは。とにかく、とにかく幸せにおなりー、と思い泣きたくなる。

6日(金)、回診後にようやくシャワー。調乳指導。昼過ぎ、ぼやっとしてたら高校時代の友人MとムスメSちゃん、プレママRが登場。Sちゃんはママをとられると思うらしく赤ちゃんが嫌いみたいで、Mに抱かれたまま、ものすごい疑りの目でコプーを睨む(笑)。でも、この前から何度か会っているので、コプーのママはあたしだと理解したらしく、途中からSちゃんもリラックス。手や足を触って「ちっちゃ~い♪」と言っておりました。複雑な感情が渦巻いてたのねー。次はRだね。安産になるよう念を送る(笑)。夕方、おかんが。授乳時、助産師さんに開通させるためマッサージされ、搾乳される。泣きそうに痛いがあたしの反応はわりと静からしく、皆に「我慢強いね~」と言われる。そういえば出産のときも助産師さんに「痛みに強い」と言われた。そうなのー!?全然痛いですけど!?夜中、おっぱいがカチカチに張って痛い。痛くて眠れない。生理前の張りなんて、張りのうちに入らん!と今更ながらに思う。
[PR]



# by sora_050 | 2010-08-12 18:59 | 今日のできごと

出産前後のあれこれ①。

そらです。昨日退院してきましたー。

まだまだかかりそう、というタイトルで明日更新するかー、と思ってた矢先に、コプーは生まれてきました。ええと、カウントダウンの日々、何してたんだっけな・・・。26日(火)の検診で、NSTをやって順調であることを確かめて、今更?と思いつつ暑さに耐えきれずマタニティ用のショートパンツを購入。遅れたりしたら3週間くらいあるわけだし、と、このときは思った(笑)。
検診以外の日は映画観たり本読んだり。「フェリスはある朝突然に」「アンタッチャブル」「シックス・デイ」「ハンコック」、を観る。
1週間後の3日(火)の検診では内診後「まだまだかかりそうだからいっぱい歩いてね」と言われる。で、産院の母親学級で仲良くなった、予定日が1週間違いのMちゃん(たまたま同級生かつ誕生日も2週間違い!)と上手く会えたので、一緒にお昼を食べ、さらにカキ氷なぞ食べ、別れてから食器を買ったり本を買ったりしつつ整体に行き・・・、と動きまくったのでした。夜、さんざん迷った末に結局注文したベビーラックが届き、きゅぶと2人でダンボールから出して「これでいつでもコプーが出てきても居場所があるよ~」と話しかける。

4日(水)、夜あまり眠れなくて、午前中、きゅぶが出かけてからうとうと。11時半頃、おなかが痛くて目が覚める。でも、生理痛の重いやつ、というよりは便意に近くて、エアコンつけっぱでおなか出して寝てたから冷えたかなー、と思いつつトイレへ。その後、おなかの痛みに波があることに気付く。波が来るとしゃがみたくなる程度に痛いし。で、メモ帖とペンを持って時計と睨めっこ。10分間隔ってやつじゃん!でもこれって本当に陣痛?まだ半信半疑。でも陣痛だったらしばらくお風呂入れない!と思い、痛くないタイミングでシャワーを浴びる。
12時半過ぎ、半信半疑なのでとりあえずおかんに連絡して相談。わからないけど規則的なら産院に電話して相談した方がいいよと言われ、産院に電話。「まだ余裕ありそうなので、お昼食べてから来て下さい」と言われる。お昼休みであろうきゅぶとおかんに連絡。
13時半頃から、タクシー会社に電話。1社目2社目、つかまらず。2社しか番号を控えてなかったので、トイレでうめきつつ携帯からタクシー会社を検索し、連絡。10分後車を回すと言われてほっとする。本当、全然つかまらなくてマジで泣きそうでした・・・。
14時過ぎ、産院到着。「この調子だと夜中か明日の朝だねー。まだまだ時間かかりそうだから帰っていいよ」と言われる。マジで?今帰っても家に誰もいないので不安だし、すでに結構痛いし、もっと陣痛ひどくなってからまたタクシーつかまらないのとか絶対イヤ!!!!と思い、「帰りたくないです!!!!」と宣言。で、入院。きゅぶとおかんに入院することになったのをメール連絡。
15時半頃、きゅぶ到着。16時前、おかん到着。トイレに行くとおしるし。16時半、きゅぶが一度着替えのために家に帰る。17時過ぎ、既に相当痛いけど!?明日の朝までかかる頃にはどれだけ痛いのー!?と思いつつ、内診されると既に子宮口8cm。そこでちょっと気持ちに余裕が出てくる。いや、前情報で7cmまでは結構耐えられるって聞いてたのですよ。そんなに開いてると思ってなかったので、これ以上痛いって!!!!と思ってたのだけど、8cmでこれくらいなら、結構いけるかも?と思えたわけです。17時半頃、破水。18時前、きゅぶ到着。18時10分頃、分娩台へ。

で、ですね。ちょっと話がそれますが。どうもあたしが生まれたときっていうのは夜23時半頃に陣痛が始まって、朝の6時34分に生まれたらしいのです。なのでおかんは、ちょうど12時間違いで同じくらいに生まれるかも?と思ったらしいのです。で、分娩台に向かう時に、助産師さんに「娘が生まれるときも11時半に陣痛が始まって6時34分に生まれたんです!」と宣言したらしいのです。

というわけで、皆さま(余裕のないあたしを除く)が18時34分の出産を目指し始める。そう、妙な一体感ではありました・・・。痛いのだけれど、あたしに向かっての「はい上手よー!」「あとちょっとよー!」という言葉のほかに、「これは本当に18時34分行けるかもよ」「33分でも35分でも34分ってことにしましょうか」・・・「次の波がきて、いきんで息止めて30秒で34分かも!?」っていう声がですね、ずーっと聞こえているわけですよ。そんなわけで頭の中が妙に冷静に(笑)。きゅぶによると、皆ちらちら時計を確認し、きゅぶもつられてちらちら見てしまったとのこと。で、コプーもそれが聞こえていたのか、産道を通っているときに心音が弱まるどころかどんどん高まり、助産師さんに「このコは楽しそうに出てくるねー!!」と言われる始末。
そして、生まれてきました。18時34分に。
[PR]



# by sora_050 | 2010-08-11 16:03 | 今日のできごと

無事、

生まれました。
陣痛開始から7時間の安産でした。
可愛い女の子!!

とりあえずホッとしたけど、
とにかく股関節が痛い(>_<)。
[PR]



# by sora_050 | 2010-08-04 21:07 | 一過性思考

2010.7 読んだ本のめも。

「1Q84 - BOOK 1」 村上 春樹
「1Q84 - BOOK 2」 村上 春樹
おかんの友人Hさんから(新しいルートだ)回ってきた本。言わずもがなのベストセラー。そう、言わずもがな。
「小美代姐さん花乱万丈」 群 ようこ
書架から。からりと明るい小美代姐さんの物語。好きです。
「チーム・バチスタの栄光(上)」 海堂 尊
「チーム・バチスタの栄光(下)」 海堂 尊
書架から。上下巻揃ってたので今更ながらに。面白かった。TVドラマ版ちょこちょこ観てたけれど、キャラクター、随分イメージ違うよね。それも今更ですが(笑)。
「λに歯がない - λ HAS NO TEETH」 森 博嗣
積読本。うーん、やっぱり結局、真賀田四季に至るまでの長い長いプロローグを読まされているような・・・。解決があるようなないようなこのシリーズの1冊1冊に、とてもとてもストレスがたまるのはあたしだけか。すっきり解決を求め、S&Mシリーズとか読み返したくなる・・・。
「身代わり伯爵の花嫁修業I - 消えた結婚契約書」 清家 未森
C嬢から回ってきて読んでいるシリーズ最新刊。ちょっとシリアスだった近頃から一変、ドタバタ路線に。これはこれで、いい。さり気なくヴィルフリートが大好きです(笑)。
「恋するように旅をして」 角田 光代
書架から。旅に関するエッセイ。ああ、明らかに代替行為・・・(笑)。しかし求めているものがちょっと違ったのか、もう自分の気持ちが別にシフトしているのか、今ひとつ乗り切れず。こういう旅は、もう出来ないけれど、それを残念には思わないというか。うーん、うまく言えない。
「ベイビーズベスト - 赤ちゃんのために本当にいいものを選びたい」
古本屋で購入。・・・必要か否かを言い出すと、結局ほとんどは必要ではないのだけれど、眺めていると幸せな気分になるよね~。
「雅楽戦隊ホワイトストーンズ」 鈴井 貴之
随分前にきゅぶが購入した積読本。うーん、たぶん、映像は面白かったんだと思う。ミスター・・・。
「いつか記憶からこぼれおちるとしても」 江國 香織
再読。相当久しぶりに懐かしく読んだ。この、何気なさが大切だったなあと思う。
「汚い部屋から今度こそ絶対抜け出す本」 村越 克子/笠原 恭子
再読。5月に読んだばかりだったけれど、やり残したことを思い出そうとして。・・・再読するには近過ぎました。
「少年陰陽師 - 闇の呪縛を打ち砕け」 結城 光流
「少年陰陽師 - 鏡の檻をつき破れ」 結城 光流
「少年陰陽師 - 禍つ鎖を解き放て」 結城 光流
「少年陰陽師 - 六花に抱かれて眠れ」 結城 光流
「少年陰陽師 - 黄泉に誘う風を追え」 結城 光流
「少年陰陽師 - 焔の刃を研ぎ澄ませ」 結城 光流
「少年陰陽師 - 真紅の空を翔けあがれ」 結城 光流
「少年陰陽師 - 光の導を指し示せ」 結城 光流
「少年陰陽師 - 冥夜の帳を切り開け」 結城 光流
「少年陰陽師 - 羅刹の腕を振りほどけ」 結城 光流
「少年陰陽師 - 儚き運命をひるがえせ」 結城 光流
再読。だから少し減らしたいんだってば。
「クジラの彼」 有川 浩
再読。とはいえ前回は図書館で借りた単行本で読んだ。これは文庫で購入。ラブコメです。
「1950年のバックトス」 北村 薫
ちょっと前に購入。いろいろをまとめた短編集ですね。結局やっぱり表題作が好き。
「夏のロケット」 川端 裕人
どうせ図書館に行くならと予約しておいた本。再読した「The S.O.U.P.」が面白かったので。これも好き。というかこっちの方が好き。って、技術的な細かいことは正直よくわからないのだけれどね~。
「早春恋小路上ル」 小手鞠 るい
書架から。ちょっと前から気になっていたのだけれど、この方の本を読むのは初めて。京都を舞台にした青春物語。面白かった。・・・でもこれ、完全なフィクションではなく自伝的なもの、らしい。うーん、他のも読んでみなければ。
「放送禁止歌」 森 達也
随分前にきゅぶが購入した本。何となく避けてたのだけれど、カヴァーがかかっているため毎回「なんだっけこれ?」と開いては、ああ・・・、と思うのがそろそろ面倒くさくて(笑)。そんな消極的な感じだったのだけれど、読み始めたら興味深くて一気読み。無自覚なのはダメだ、と思うけれど、なかなか、難しいよね・・・。
「朝型人間になれる本 - 健康・美容・仕事に効く」 美波 紀子
積読本。妊娠によって強制的に生活サイクルが変わった今、今更な感じもしますが・・・(笑)。主に著者の経験談と、それを補足するかたちでのまとめ、かな。とっても読みやすいけれど、こうすれば朝型になれる!的な内容に求めるとちと微妙かも。
「オンリー・ミー - 私だけを」 三谷 幸喜
おそらくきゅぶが購入し、ずーっとうちにあったけど読んでなかった本。エッセイなどなど。ためにはならないけれど暇つぶしには最適。って、エッセイって基本そうだよね。
「永遠を旅する者 - ロストオデッセイ 千年の夢」 重松 清
随分前にきゅぶが購入し、読もう読もうとは思っていた本。RPG「ロストオデッセイ」の世界に合わせたショートストーリー。面白かったです。著者の本を読むのは初。・・・って、これはたぶん異色だよね?
「不思議の国のアリス」 ルイス・キャロル
「鏡の国のアリス」 ルイス・キャロル
ちょっと前に購入して積読だった本。そういやちゃんと読んだのって随分前で、あんまり話覚えてないなぁと、映画観た時に思ったのです。「不思議の国~」はわりと記憶通りだったけれど、「鏡の国~」は全然、記憶になかった。やっぱり児童書から繰り返し読んだか否かの差、かしらね?
「モノを捨てればうまくいく - 断捨離のすすめ」 川畑 のぶこ
ちょっと最近気になってた断捨離。期間限定ポイントが余ってたのでポイントで購入。うーん、しかし、この内容でこの金額は高いと思う・・・。まさに断捨離の「すすめ」です。
「第四の手 (上)」 ジョン・アーヴィング
「第四の手 (下)」 ジョン・アーヴィング
これも積読本。ラブストーリー。アーヴィングにラブは期待してないのだけれど、と思いつつ、結構好きでした。
「たのしいムーミン一家」 トーベ・ヤンソン
古本屋で購入した積読本。前にヤンソンについて書かれた本を読んでから、そういえばムーミンってちゃんと読んだことないから読んでみたいなあ、とは思っていたのです。なんていうか・・・シュールで素敵。
「姫君」 山田 詠美
同じく古本屋で購入した積読本。久々に山田詠美さんの小説。短編集。やっぱり素敵です。
「気持ちよく眠って、スッキリ目覚める本」 吉田 たかよし
積読本。というかかなり前に読みかけてやめていた本を最初から。これもまた今更・・・。何て言うんでしょう、独身女性向け?参考になることもありますが、目覚めにカフェインとるとか時間かけてぬるめのお風呂に入るとか、しばらく出来なさそうだし、完全に読むタイミングを間違えた感じ。睡眠が問題だ、という意識を過去のあたしが持っていたことは、わかった。


そんなわけで7月分のメモ。さすがの身体の重さとこの酷暑で出歩けなくなっているおかげで、久しぶりにいろいろ読んだという感じ。ただ、文学!ってな感じのものを読む集中力が今ないので、そういうのはごくわずか・・・。軽めのものしか読めません。重そうなので積んでるのもかなりあるんだけれど、じゃあコプーが生まれてから、っていうのはきっと今以上に無理よねー。そもそも物理的に読書行為自体が出来なくなる気が。この本たちがあたしに読まれるのはいつなんだろう・・・。このままではただのオブジェです。つーか、あたし、積んで過ぎ。常に数十冊あるのってどうなのよ?再読して、見切りをつけたい本も多々(いや、わざわざ再読ししなきゃいいんだけど)。

予定日まであと2週間です。あと何冊いけるかしらね?
[PR]



# by sora_050 | 2010-08-01 10:48 | 読書紀行

あたらしいあたしたち。
by sora_050
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

ご挨拶
今日のできごと
疑似夢
読書紀行
映像遊泳
非日常
一過性思考
祈り、夜明け

ライフログ

今読んでるのはこれ!

最新のトラックバック

ガラパゴスの箱舟
from 皆殺しの天使
ゆめつげ 畠中恵
from 粋な提案
ゆめつげ
from To pass leisur..

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧